新着情報

ーきれいな外観を保つ外壁塗装 汚くならないためには塗りが肝心ー

美観につながる外壁塗装。定期的に施工しなければなりませんが、この美観がすぐに損なわれてしまうトラブルも少なからずあります。

 

本記事では外壁塗装の塗り工程について詳しく解説しています。これから外壁塗装を依頼するつもりなら、「何度塗り」をするかを必ず確かめてみることをおすすめします。

 

基本は3度塗り

外壁塗装の工程を確認してみると、下塗り、中塗り、上塗りと3度塗りが基本です。

 

多くの塗装業者に信頼されている塗料メーカーでも、3度塗りで耐久性が発揮されるように設計しています。

 

もしも、下塗りをしないで中塗り、上塗りで完成してしまうとどうなるのか。

簡単にいってしまうと、外壁材に直接塗装することになり、ムラが出やすくなります。

 

また、外壁材を補修せずに中塗り、上塗りすることで美観がすぐに損なわれてしまいますし、塗料の機能が十分に発揮されません。

 

では、詳しく見ていきましょう。

 

塗膜剥離しやすい

外壁塗装の下塗りは、外壁材の下地になります。下塗り塗料(シーラー)を塗ることで、次に塗装する中塗り、上塗り塗料との密着性を高めることができます。

 

簡単にいうなら強固な塗膜に仕上げるための役割を下塗りが担っています。

 

下塗りを塗装しない場合、塗膜が剥がれやすく施工不良の原因となる恐れもあります。

 

さらに、そのほかの要因により外壁材を逆に傷める可能性もあります。(紫外線、雨など)

 

また、表面をきれいに塗装しても、下塗りを施していないため、塗料が外壁材にどんどん染み込んでしまいます。

そうなることにより塗りムラが発生、美観がすぐに損なわれてしまいます。

 

シーラーでの下塗りは必要?

下塗り塗料をシーラーと呼びます。どうしても下塗りであるため、上塗りより軽視されやすい面があります。

しかし、仕上げ塗料にグレードの高い塗料を使用したとしても、下地がしっかりされていない状態では上塗り塗料の性能も十分に発揮することができません。

 

ただ、下塗り塗料の使用量が十分でないと、下塗り塗料が外壁材に吸い込まれてしまい、上塗り塗料が密着しなくなってしまいます。この点については当社であれば、適した使用量にて仕上げることが可能です。

 

素地調整も必要に

いくら下塗りをして、中塗り、上塗りにて塗料を密着させることができても完璧な仕上がりではありません。

 

その理由として、外壁材の状態によって補修作業も必要だからです。素地面の汚れや付着物などを除去して滑らかにするケレン作業を施したり、欠損箇所を補填して平らにするパテ処理などが一例です。

 

なお、外壁塗装後に発生するトラブルの多くは素地処理不良が原因だといわれています。

 

ひび割れ、亀裂が起きている外壁であれば丁寧なコーキング処理が必要になります。クラック(ひび割れや亀裂)を補修しておかないとどうなるでしょうか。

 

塗料でカバーしたとして、見た目だけがきれいに塗装されていてもひび割れが再発してしまうことがあります。さらに深く亀裂が入ってしまったり範囲が広がってしまうこともあります。

 

膨れによりすぐに再塗装が必要になります。補修作業では手が尽くせなくなり、外壁材の張り替えが必要になることも起こりえるでしょう。

 

下地は見えない部分ですが、大事な土台だということを忘れないようにしましょう。

 

おわりに

外壁塗装では、高圧洗浄や補修を施して、素地を滑らかにし、下塗り、中塗り、上塗りを施すのが正解です。

 

下塗りと中塗りの工程では3時間以上乾燥、7日以内に次の重ね塗りを行います。

 

業者に一任するにしても作業工程表をチェックさせてもらい、把握しておくことが良いでしょう。

 

大阪で外壁塗装や屋根塗装なら塗り替え専門の藤原塗装へ

会社名:藤原塗装

住所:〒561-0826 大阪府豊中市島江町1丁目3グリーンタウン島江12号棟 706

TEL:06-7164-0119

FAX:06-7162-7798

代表直通:090-5469-5944

営業時間:8:00-19:00 定休日:日曜・祝日

pagetop